2007年06月25日

電脳コイル


『電脳コイル』(でんのうコイル)は磯光雄原案の日本のテレビアニメ作品及び小説作品。小説は宮村優子著。2007年5月12日よりNHK教育テレビジョンにて放送中。全26話。

電脳ネットワーク的な技術が一般に普及して日常生活に溶け込み、子供でも当たり前に扱えるが、ドラッグ等パンク的な物は存在せず、それ以外の部分は現在と大差ない近未来。電脳関係以外の生活風景は、駄菓子屋等、昭和時代のようなタッチで表現されている。電脳世界の情報は「電脳メガネ」によって現実世界に重ねて表示され、手で触れて操作できるようになっている。電脳技術を使う際には、他の同ジャンルの作品と違い、実にさりげなく描く事により、作品世界では当たり前である事を表現している。違法ハッキングなどした事がなかった、ごく普通の小学生の主人公が、サイバーパンク的なトラブルに巻き込まれ、冒険を行う。
〜Wikipediaより引用〜

第1話 「メガネの子供達」

第2話 「コイル電脳探偵局」

第3話 「優子と勇子」

第4話 「大黒市黒客クラブ」

第5話 「メタバグ争奪 バスツアー」

第6話 「赤いオートマトン」

第7話 「出動!!コイル探偵局」

posted by yapo at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | た行のアニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。